レンタルサーバーとは?

レンタルサーバーとは、その名の通り、サーバーレンタルすることです。 では、基本的な事ですが、サーバーとはでしょう?

サーバーとはネットワークに接続され、ネットワーク内の他のコンピュータからアクセスできる基幹となるコンピュータのことで、 他のパソコン等から、そのコンピュータに接続し、データの出し入れを出きる様にしたりして、データの共有化を図る事ができるものです。

インターネット上にホームページを公開したい場合、サーバーはインターネット上に常時接続されている必要がありますが、 自分のパソコンをインターネット上に公開するのは、いろいろ手続きが複雑だったり、技術
レンタルサーバー
的な問題やセキュリティ上の問題がある為、 自分のパソコンの代わりに、サーバー業者のコンピュータをレンタルしてインターネット上に公開する訳です。これがレンタルサーバーです。

ホームページ作成ソフトでホームページを作ったら、そのデータをインターネット上に公開できるサーバーに転送して初めて自分のホームページをインターネット上に公開できるのです。
また、メールを送受信するのにもネットワークに接続されている必要があります。 ホームページの情報をインターネットの世界に公開したり、メールを送受信したりするために欠かせないもの、それが「サーバー」です。

レンタルしないサーバーって?
サーバーにはレンタルサーバー以外にも、「自社(自宅)サーバー」や「ハウジング」といった種類があります。
自社(自宅)サーバー」とは、サーバーをレンタルしないで、自社(自宅)のパソコンをインターネット上に公開する為、サーバー設定等の自由度は高いですが、 前述の通り、セキュリティの問題があり、また、その設定と管理にも手間やコストがかかり、専門の知識も必要になります。
具体的には、サーバー本体(ハード)、サーバーソフト、24時間運営・監視できる体制、大量のアクセスに耐えうる回線等が必要になります。
ビジネス利用であれば、その他に、停電対策、機密情報の保護、不正アクセスへの対策なども必要になってきます。
また、規模によっては、サーバーの冷却設備や専門知識を身に付けた人員の整備、24時間体制での常駐と言った具合に、膨大なコストが発生します。

ですが、レンタルサーバーを利用すれば、これら管理・運営体制までまとめてレンタルすることが可能なのです。

ビジネス用途の「ハウジング」は、自社で設定したサーバーをサーバー管理会社のデータセンターに預けるもので、 自社(自宅)サーバーに比べればコストは抑えられますが、やはり専門知識が必要です。

レンタルサーバーなら、すぐに使えるように準備された状態でサーバーを使用できるので、事前の特別な設備や専門の知識はいりません。 又、サーバー本体はレンタルサーバー会社に置かれており保守管理も不要
カスタマーサポートも充実していますので、初めての方でも安心・低価格でサーバーを導入することができます。
 レンタルサーバーとは?<まとめ>
サーバーとは、データを共有化する為に、他のコンピュータから自由にアクセスできるコンピュータのこと。
・「自社(自宅)サーバー」は、セキュリティや、設定・管理に問題があり、費用と専門知識が必要。
レンタルサーバーは、管理・運営体制までまとめてレンタルすることができて、初心者にも安心。

共用サーバーと専用サーバーについて

レンタルサーバーには「共用サーバー」と「専用サーバー」の2種類があります。 共用サーバーは「ホスティングサービス」とも呼ばれ、一台のサーバーを複数の人で分け合って使うサービスです。
それに対して、専用サーバーは、一台のサーバーをまるごと一人で占有できるサービスです。

専用サーバーについて
専用サーバーの利点は、何と言ってもサーバースペースを全て自分で占有できること。
同じサーバー内の他の利用者のトラフィック、アクセス数によって、自分のサイトの閲覧スピードが遅くなるなんてこともありません。
もちろん、共用サーバーでもこのような事がないよう監視していますが、
共用サーバーと専用サーバー
ヤフーニュースに掲載された等、急激なトラフィックの増大には対応できません。

また、専用サーバーの最も大きな利点は、自分の好きなようにサーバーをカスタマイズできることです。
基本的にソフトも自分でインストールする為、様々なツールが利用できます。
以前は、複数ドメインでの運用も、専用サーバーでしかできませんでしたが、最近は共用サーバーの技術も進み、複数ドメインでの運用が共用サーバーでもできるようになってきました。 この為、複数ドメインでの運用のみが目的で専用サーバーを利用する時代は終わっています。

専用サーバーを利用してホームページを公開する場合、ホームページのコンテンツ管理だけではなく、サーバー自体の管理も必要となります。
これらは、サーバー管理代行サービスにより、24時間体制でのサーバー監視やセキュリティーアップデートも全てお任せできますが、その分、費用も膨らみます。

次世代のサーバーが登場!
専用サーバーは安心だがコストが高い・・・。
しかし、専用サーバー並みの自由度と共用サーバーのような低価格化を実現した仮想専用サーバーという新サービスも登場してきました。
仮想専用サーバーとは、VPS(バーチャルプライベートサーバー)とも呼ばれ、root権限まで持った「専用サーバー」以上の自由度の高いサーバーも登場しており、 今、注目されているサーバー方式です。

仮想専用サーバーは、その名の通り、実際には複数の人が1台のサーバーを共同利用している状態ですが、 ソフトにより、まるで専用サーバーの如く自由度の高い設定まで行える状態を仮想的に作り出した共用サーバーです。
これら、仮想専用サーバーの高機能なタイプは、root権限まで持っており、FTPアカウントの発行や独自プログラムも利用でき、多くの方は専用サーバーではなく、この仮想専用サーバーで十分でしょう。
本当の専用サーバー」と比べ、費用も大幅に安く、管理も大変ラクです。
今や「専用サーバー」が必要な方は、名の知れた超大規模サイト並みのものを作りたい方ぐらいでしょう。
よって、当サイトでは仮想専用サーバー(VPS)までをご紹介しています。
 共用サーバーと専用サーバー、VPS<まとめ>
・レンタルサーバーには「共用サーバー」と「専用サーバー」の2種類がある。
・共用サーバーは「ホスティング」とも呼ばれ、一台のサーバーを複数の人間で分け合って使うサービス。
・専用サーバーは、一台のサーバーをまるごと一人で占有できるサービス。
・仮想専用サーバー(VPS)は、専用サーバーの如く自由度の高い状態を仮想的に作り出した共用サーバー。
<<|>>無料ホームページスペースって?
レンタルサーバー診断テスト

■レンタルサーバーを探す!
 このページのTOPへ戻る

Copyright (C) 2011 レンタルサーバー徹底比較ナビ, All rights reserved.