ドメインとは?

さて、次に解説するのは、ドメインについてです。
ドメインとは、簡単に言えば「URL」のことです。

ヤフーなら、「http://www.yahoo.co.jp/」
このサイトなら「http://rental-server-navi.net/」

の事で、インターネット上の住所のような役割を果たしています。

独自ドメインとサブドメイン
このドメインには、独自ドメインサブドメインがあります。
独自ドメインとは、自分で好きなURLを取得することで、費用が年間維持費として、概ね1000円程度掛かります。
ドメインとは
サブドメインとは、レンタルサーバー会社が取得したドメインを選び、サブのドメインを使わせてもらうことです。

ちなみに、URLを次の様に書いた場合、

「http://www.○○○.com/△△△/」

この「△△△」の部分を自分のホームページに割り当てるタイプのサブドメインはお勧めしません。
これは、△△△部分は正確にはサブドメインではなく、単なる下層フォルダであり、検索エンジンからは、「http://www.○○○.com」と言う1つのサイトの1コンテンツとしか見なされないからです。

では、検索エンジンに「http://www.○○○.com」と言うサイトの1コンテンツとしか見なされないとどうなるのでしょう?
検索エンジンは、多くのサイトから検索内容に見合った検索結果を返そうとする為、同じサイトからは2〜3ページしか検索結果に表示されないのです。
つまり、あなたのサイトが、「http://www.○○○.com/△△△/」で、あなたと同じ「http://www.○○○.com」というドメイン内に「http://www.○○○.com/■■■/」というもっと凄いサイトがあったら、 検索結果には「http://www.○○○.com/■■■/」のページしか表示されず、あなたのサイトは100位以下にも表示されないのです。
これは、集客的に大きなマイナスになります。

サブドメインとは?
本当のサブドメインとは、上記ドメインの「www」部分のことで、ヤフーで言うと、例えば、ヤフーオークションのTOPページのURLは次の通り「http://auctions.yahoo.co.jp/」で、 「www」の部分が「auctions」になっています。

ヤフーTOPページ:「http://www.yahoo.co.jp/」
ヤフーオークション:「http://auctions.yahoo.co.jp/」

ヤフーのURLでは、「yahoo」が独自ドメインで、「co.jp」が日本の法人を意味する地域属性ドメインになり、「auctions」や「www」がサブドメインになります。
このサブドメインの場合、同じドメインでも検索エンジンは別サイト若しくは別カテゴリと捉えてくれます。
現在では、下層フォルダタイプでのドメイン提供を行っている共用サーバーはほとんどないですが、一応、念のため、契約前にきちんと確認しておきましょう。尚、当サイトではこの様なサーバーは紹介していません。

サブドメインの問題点
独自ドメインは有料ですが、このサブドメインを利用すると、ドメイン代金は無料で、レンタルサーバー代のみで自分だけのホームページが持てますが、 将来的に容量が足らなくなったり、もっと安い業者にしたくなったりして、移転する場合、住所であるURLが変わってしまいますので注意しましょう。

はっきり言って、新しいサービスがどんどん出てくるし、今利用しているレンタルサーバー業者の都合や、自分の管理するホームページ数が増えた場合の統廃合等で、移転と言う作業は、実は、けっこうあります。
この時、古くからのお客様を逃さない為に移転前のサイトにお知らせを表示したりする手間、もちろん、移転前のサーバーにもお知らせを表示する間はサーバーをレンタルする料金がかかりますし、 ドメインを変更する移転という行為はSEO上大変不利に働きます。

SEO(検索エンジン上位表示)とは?
SEOとは、ヤフーやGoogle等の検索エンジンの検索結果で、なるべく上位に表示されるようにする方法ですが、その集客力は計り知れないです。
検索エンジンは、他サイトからの被リンクを重要なものとして加点していますが、例えば、ヤフー知恵袋で誰かがあなたのサイトにリンクを張ってくれ、アピールされたとしても、 移転してしまえば、そのURLは移転前のもので、ヤフー知恵袋の投稿内容を新しいURLには変更してくれません。
この為、ドメインを変更すると、集客力がかなり落ちてしまうのです。
これを回避する為、引越し前のサイトから新しいサイトへ訪問客をジャンプさせたりもできますが、その場合、その古いサーバーを契約し続けなければなりません。

しかし、独自ドメインを利用していれば、いつでもあなたの住所は同じ。
サーバーを移転しても、あなたの住所は同じで、お客様には、移転したことすらわからないのです。
この為、URLが覚え易いと言った基本的な理由以外にも、独自ドメインを取得するということは、商用サイトでは当たり前の行為になっています。

独自ドメインならサーバーを変えてもURLが変わらないのはなぜ?
では、なぜ、サーバーを移転しても独自ドメインならURLが変わらないのでしょうか?
それは、DNSサーバーというURLを管理している特殊なサーバーがあり、世界各国のDNSサーバーを連携して、ドメインとデータの置き場(サーバー)を一致させている為、 データの置き場(サーバー)を変更してもDNSサーバーの設定を変更さえすれば、そのままのドメインでホームページを運用できるのです。

逆に言えば、独自ドメインを取得しても、DNSサーバーの設定で、実際のデータの置き場(サーバーの場所)を登録しないと、独自ドメインにホームページは映りません。
と言っても、DNSの設定も簡単ですので、初心者の方もご心配なく。
 ドメインとは?独自ドメインとサブドメイン<まとめ>
・ドメインとは、簡単に言えば「URL」の事で、インターネット上の住所のような役割を果たしている。
・サブドメインとは、「http://www.○○○.com/△△△/」で言うと、「www」部分のこと。
・独自ドメインではなく、レンタルサーバーのサブドメイン契約は、移転する場合、住所であるURLが変わってしまう。
・ドメインを変更すると、集客力がかなり落ちてしまう。
レンタルサーバーの選び方<<>>独自ドメインって取得した方が良い?

■レンタルサーバーを探す!
 このページのTOPへ戻る

Copyright (C) 2011 レンタルサーバー徹底比較ナビ, All rights reserved.